インド旅行のご相談ならバイシャリトラベルズジャパン

バイシャリトラベルズジャパン
トップページ会社概要お客様の声インド情報コース・費用インドの世界遺産English Pageお問合せフォーム
ネパール 情報 ネパール コース・費用 スリランカ 情報 スリランカ コース・費用 ブータン 情報 ブータン コース・費用 バングラデシュ 情報 バングラデシュ コース・費用

インド情報 インド旅行Q&Aインド現地情報
image
パンジャーブ地方の定番の朝ごはん「パランタ(Parantha)」

インド ホテル紹介

◆デリー空港近くにニューオープン!! デリー5つ星 ロージエイトハウスホテル




◆建築の街 チャンディーガルに高級ホテルチェーン オベロイホテルがオープンしました!!



ご宿泊ご希望の方は是非お問い合わせください!
The Oberoi Sukhvilas Resort & Spa Siswan Forest Range New Chandigarh
Pallanpur, P.O. Sialba Majri, New Chandigarh
District S.A.S.Nagar - 140 110, Punjab, India.
http://www.oberoihotels.com/hotels-in-chandigarh-sukhvilas-resort/


◆TAJ SWARNA AMRITSAR が新しくオープンしました!



お知らせ

◆インド国内線の手荷物制限のご案内


◆インド eビザの代理手配承ります!


◆インドビザ申請受付窓口が三田ビザセンターからインド大使館(領事館)になりました。

2017 年 3 月20 日をもって、インドビザ発給支援業務を提供していたインドビザセンターが閉鎖となりました。
2017 年 3 月21 日からは、居住地域を管轄する日本国内のインド政府機関に申請していただくこととなります。

<管轄地域は以下の通りです>
在京インド大使館:北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・沖縄
在大阪インド総領事館:三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

●在京インド大使館 住所:東京都千代田区九段南 2-2-11
アクセス ★地下鉄九段下駅 (半蔵門線・都営新宿線・東西線) 2 番出口から徒歩5 分
申請:午前の部 月〜金 9:00〜12:00 / 午後の部の申請はございません。
受領:午後の部 月〜金 16:00〜17:00 / 午前の部の受領はございません。
土・日・インド祝日は閉館です。ご注意ください。

●在大阪インド総領事館 住所:大阪府大阪市中央区久太郎町 1 丁目 9-26 船場 I.S.ビル 10 階
アクセス ★大阪市営地下鉄堺筋線・中央線の堺筋本町駅より徒歩 2分
申請:午前の部 月〜金 9:30〜11:30 / 午後の部の申請はございません。
受領:午後の部 月〜金 15:30〜16:30 / 午前の部の受領はございません。
※土・日・インド祝日は閉館しています。ご注意ください※

※大使館には PC・プリンター等のサービスはございませんので、事前に申請書類を作成してください。
※詳しくはhttps://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/home_jp.html


【インド行きのエティハド航空のスケジュールが変更になり、便利になりました!】

2017年4月よりエティハド航空の成田線のスケジュールが変更になり、インド/ネパールへの乗り継ぎが便利になりました。
弊社ではインド行きの航空券の手配も可能です。是非お問い合わせください。

(2017年夏スケジュール)
東京発インド行きスケジュール
出発地 便名 出発
時刻
到着
時刻
到着/
出発地
出発
時刻
到着
時刻
便名 到着地
東京
(成田)
EY-871 17:50 0:25 アブタビ 3:15 8:25 EY212 ムンバイ
2:55 8:30 EY246 コーチ
3:05 8:15 EY228 デリー
3:10 8:55 EY214 ハイデラ
バード
2:10 8:00 EY248 ティルヴァナンタプラム
3:05 8:35 EY254 コージコード

インド発東京行きスケジュール
出発地 便名 出発
時刻
到着
時刻
到着/
出発地
出発
時刻
到着
時刻
便名 到着地
ムンバイ EY7601 15:55 17:40 アブタビ 22:10 13:05 EY827 東京
(成田)
コーチ EY7578 17:30 20:05
デリー EY8720 17:45 20:10
ハイデラ
バード
EY8700 16:50 19:15
ティルヴァナンタプラム EY249 9:00 11:45
コージコード EY285 16:40 19:00

※上記以外にもゴア・チェンナイ・バンガロール・カトマンズなどの都市も乗り継ぎも可能です。アブタビ〜インドの都市間はエティハド航空もしくはジェットエアウェイズの運行する便とのコードシェアとなります。スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。

6月出発までは燃油サーチャージ込で6万円台での航空券もございます。
是非お問い合わせください!!

*******************************************************
■ご注意ください■

インド4 都市にて空港滑走路のメンテナンスのため、下記期間にて滑走路が封鎖されることが決定しました。
・バンガロール空港 2017年2月19日〜4月30日まで毎日 10:30-17:00
・ムンバイ空港 2017年2月1日〜4月30日まで毎日 09:00-17:00
・トリヴァンドラム空港 2017年1月2日〜3月31日まで日曜日以外毎日 10:30-17:15
・ベナレス空港 2017年3月10日〜5月30日まで毎日 10:30-18:00

(2017 年1 月27 日現在)

上記期間中は便の発着時間の変更がいたします。
代替便・スケジュール変更等は、各航空会社へお問い合わせください。

*******************************************************

●マザーハウスでのボランティア活動●

マザーテレサは貧困や病気に苦しむ人々を救い続けて、1979年にノーベル賞を受賞しました。
その後、1997年に亡くなりましたが、マザーテレサの信念は今も受け継がれています。
長期のボランティア希望者は、事前登録が必要ですが、
一日のみであれば、当日ワンデイパスで参加することが可能です。(木曜日・祝日はお休み)
主な活動は洗濯や掃除、食事の手伝いなどの身の回りのお世話をお願いされます。
日本と全く違う環境でとまどいがあるかもしれませんが、価値観が変わり将来につながるボランティアです。
ご興味がある方は、是非お問い合わせください。

※この写真は、かつてマザーテレサも暮らしていたシスターたちの住居の一部です。
どなたでも訪れることが可能です。ボランティア施設は撮影禁止なのでお気をつけください。


◆新紙幣紹介

2016 年11 月8 日夜 ブラックマネー撲滅・キャッシュレス社会促進を目的に、高額紙幣の1,000Rs、500Rs 札の2種類を廃止し、新札へ変更になることをモディ首相が発表しました。現地でも大混乱で、空港内・ホテル・ATM等の換金所では長蛇の列となり、世界中で大きくニュースで取り上げられたのは記憶に新しいのではないでしょうか。
現在は、旧1,000Rs と旧500Rs の紙幣は使用不可なので、インド渡航の際はお気をつけください。
(※1,000Rs は完全廃止です。新紙幣も市場にでていません!!)
新札の2,000Rs と500Rs のデザインをご紹介します。

補足ですが、その他の硬貨と紙幣も種類が豊富です。
<紙幣>100Rs・50Rs・20Rs・10Rs <硬貨>10Rs・5Rs・2Rs・1Rs

日本と比べて圧倒的に種類が多いですね!
インド市内のマーケットはお釣り不足のお店が多いので、少額の通貨をいれておくのがオススメです。
ショッピングモールやホテルでの支払いは高額紙幣やクレジットカードを使用しましょう★


弊社ではインド国内線のキャリア(エアインディア、インディゴエアー、ジェットエアウェイズ、スパイスジェット等)の発券が可能です。
詳しくはインド国内線の料金表をご覧ください。

◆2016年3月より アライバルビザが復活しました!


★これでインドビザ取得方法は下記3つの通りになりました!
(1)日本のビザセンターであらかじめビザを取得する方法
(2)Eビザ (詳細については → こちら
(3)アライバルビザ

インド出発まで時間のある方は(1)の方法が一番安心かと思いますが、ビザセンターまで足を運べない方や、取得まで時間のない方は(2)または(3)をおすすめします!
詳しくはインド大使館ホームページを参照してください。 http://www.indembassy-tokyo.gov.in/


◆デリーでおいしい中華料理レストランのご紹介






◆タージマハール内で WIFI が利用可能になりました!!

6月16日からタージマハール内で WIFI が利用可能になりました!一人あたり最初の30分までが無料です。
30分以降は有料になり、1時間あたり30ルピー(約60円)でご利用できます。(2015年6月現在)
詳細は現地ツアーガイドにお尋ねください!


◆インドでデリー⇔アーグラの新しい特急列車が運行します。

6月下旬からデリー・アーグラ間で新しい特急列車が運行します。名前は、「GATIMAN EXPRESS (ガティマン・エクスプレス)」です。
既存のシャタブディ・エクスプレスより速度の速い列車になります。
スケジュールは下記の予定です。

(往路)デリー発 午前08:00 ⇒  アーグラ着 午前09:45
(復路)アーグラ発 午後17:30 ⇒  デリー着  午後19:15

シャタブディ・エクスプレスと同じくデリー⇔アーグラ間の往復のみで、ほかの駅には停車致しません。

列車代はシャタブディ・エクスプレスよりも高くなりますが、デリーからタージマハール日帰り観光などに便利な特急列車になります。


◆2015年クンブ メーラはマハラシュトラ州ナーシクで開催されます

<スケジュール>
7月14日(火)Ram kunda(ナーシク市内の沐浴池)に国旗掲揚
8月14日(金)Sadhugram(サドゥー村)に国旗掲揚
8月26日(水)第1回目の沐浴
8月29日(土)満月の沐浴
9月13日(日)新月の沐浴
9月18日(金)ヒンドゥー教暦の太陰日(聖者の5日目)の沐浴
9月25日(金)ヒンドゥー教暦の太陰日(12日目)の沐浴
★マークの日は最も盛り上がる日になります。

<アクセス>
ムンバイからナーシクまで列車で約3時間

※クンブ メーラとはヒンズー教の沐浴の祭典です。インド中から数千万人のサドゥー(出家苦行者)や巡礼者が訪れ、1〜3か月にわたりガンジス河での沐浴や司祭による宗教儀式が行われます。

 




◆ETA(電子入国許可証)ビザ開始と、手書き申請のアライバル・ビザ廃止のお知らせ

今までインド観光ビザ取得方法は、
(1) 日本国内のビザセンターへ行き渡航前に申請・取得する。
(2) 到着したインドの国際空港で申請用紙を記入して取得する。

2通りでしたが、新たに (3) オンラインで事前に申請する‘ETA(電子入国許可証)’がスタートしました。 →こちら
それに伴い、(2) 到着したインドの国際空港で申請用紙を記入して取得するビザが2014年12月26日までで終了しました。以降、廃止され現地インドの空港にて手書きのビザ申請ができません。

新たに始まります (3) オンラインで事前に申請する‘ETA(電子入国許可証)’は、手続き完了後72時間以内にEメールにて申請者に送付されます。印刷してパスポート(有効期限が6か月以上)と帰りの航空券とともに入国時に持参する必要がございます。空港到着後は、ETA専用カウンターに向かいます。

ETAに関して、https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html にてご確認ください。
ETA開始により、国際線チェックインの際にETA取状況を確認することが航空会社に義務付けられますので、チェックイン手続きに通常よりお時間がかかる可能性がございます。時間に余裕を持って空港へご到着されることをお勧めいたします。
※(1) 日本国内のビザセンターへ行き渡航前にビザ申請・取得する方法は、変更なく引き続き行うことができます。


◆2014年10月2日(ガンディージャヤンティ)の祝日から南インドのケララ州全体でアルコール飲酒が禁止になりました。
(※ケララ州の主な都市 : コーチン、アレッピー、クイロン、コバラムビーチ、トリバンドラム、クマラコムなどです)

ケララ州の市内のリキュール店や、市内レストランでは簡単にアルコールが手に入らなくなり、アルコールの購入場所は政府で経営しているわずかなお店のみになります。しかし、ケララ州の5つ星ホテルでのみ提供が許されており、どのホテルで提供可能なのかは未定です。ただし、アルコールを提供していないホテルでも、日本からご持参いただいたりしたアルコールをお部屋の中でしたら飲酒は可能です。どうしてもお酒を飲みたいお客様には日本からご持参いただきホテルのお部屋で飲酒いただくか、アルコールを提供している5つ星に宿泊されるか、のどちらかになりますのでご留意ください。


インドトラベルインフォメーション
正式国名 バーラット・ガナラージャ(インド共和国) india
首都 デリー
人口 推計で12億人
国旗の意味 上(サフラン色):「勇気と自己超越」
中(白):「真理と平和」
下(緑):「誠実と武勇と大地の愛」
中央の法輪:「アショカ王の説いた法(ダルマ)」
面積 約3,287,782Km2(日本の約9倍)
電気 ソケット220V、50Hz。 日本から電気製品を持ち込む時は変圧器が必要。ソケットの形は丸い2つ穴又は3つ穴
言葉 公用語はヒンドゥー語。英語は補助公用語で、ホテルや商店で通じる。その他16言語が公用語(地方語)とされている。
宗教 ヒンドゥー教が83%、イスラム教徒が11%、シーク教徒が2%その他仏教徒が0.7%、ジャイナ教徒が0.5%等。
通貨と両替 1Rs (インドルピー) = 約1.7〜2円
日本円はだいたいどこの街でも両替出来ます。その他USドル又はイギリスポンドの現金は銀行ではかなり通りがいいです。両替したお金を受け取る際、必ず金額を確認して下さい。又、両替書は、帰国の際、余ったルピーを再両替するのに必要ですので両替したルピーを使い切るまで保管して下さい。日本にルピーを持ち帰っても、ルピーを円に両替することはできません。
時差 日本より3時間半遅れ
クレジットカード ビサ、アメリカン・エキスプレスが最も普及しています。
マスター、ダイナース、JCBが使えるお店もあります。
トラブルを防ぐために、ご利用の際には、サインをする前に金額をご確認下さい。
チップ インドにはチップの習慣があります。これはその目安です。
※荷物を部屋まで運ぶボーイ:30ルピー/トランク1つ
※枕チップ:30ルピー
※お部屋にお湯などを運んでもらった場合・・・・30ルピー
※お部屋以外のトイレを使用した場合:10〜20ルピー
気候 北から南までさまざまな気候です。インドというと暑いイメージですが、都市によっては寒い時期もあります。「各都市の気候」を参考にしてください。
旅の安全
  • インドの治安は、カシミール地方等の紛争地域を除いて、諸外国に比べて、凶悪な犯罪が少ない国です。 それでも、置き引きやスリなどの被害は発生しておりますので、空港やホテルのロビー、観光地などでは、十分ご注意ください。 又、お食事や観光でホテルの部屋を出られる際は、現金やカメラ等の貴重品類は必ずお持ち下さい。 人通りの少ない道や、暗くなってからの一人歩きは、絶対に避けてください。
  • 生水、水道水は絶対に飲まないようにして下さい。 ミネラルウォーターは、ホテルで購入できます。
  • 予防注射は、義務付けられておりません。
  • 慣れない環境で、体調を崩された場合は、無理をせずガイドにお申し付けください。

荷物の機内持ち込み、預け入れについて
エコノミークラスの場合  (2014年9月16日現在)
国際線 預け入れ荷物 機内持ち込み荷物
重量 サイズ(3辺の合計) 個数 重量 サイズ(3辺の合計) 個数
日本航空 JAL (JL) 23kg 203cm 2 10kg 115cm 1
全日空 ANA  (NH) 23kg 158cm 1 10kg 115cm 1
エア・インディア (AI) 23kg 1個 最大158cm
2個 合わせて273cm
2 8kg 115cm 1
※注意 エア・インディア利用で国際線から国内線に乗り換えの際、国際線の荷物ルールが適用されず、超過扱いにある場合がございます。詳しくはチケット発券元までご確認下さい。
国内線 預け入れ荷物 機内持ち込み荷物
重量 サイズ(3辺の合計) 個数 重量 サイズ(3辺の合計) 個数
エア・インディア (AI) 15kg 115cm 1 8kg 115cm 1
ジェット・エアウェイズ (9W) 15kg 115cm 1 7kg 115cm 1
スパイス・ジェット (SG) 15kg 115cm 1 7kg 115cm 1
※記載の数字以内に抑えていただきますようお願い致します。超えてしまうと超過料金が発生いたしますのでご注意下さい。
※機内持ち込み荷物は、1個の他、ハンドバッグは別に持ち込めます。
※各航空会社、クラス等のご利用条件によって最大重量やサイズは異なりますので、詳しくはチケット発券元にご確認下さい。

電話について
  • 国番号 日本→81 インド→91
  • インドから日本に電話をかける場合
    00→81(国番号:日本)→×××(0を抜いた市外局番)→××××(電話番号)
    ※ホテルの部屋から電話をする場合、ホテルにより外線番号が違います。不明な場合は、ガイドにお尋ねください。
  • 日本からインドに電話をかける場合
    001→010→91(国番号:インド)→×××(0を抜いた市外局番)→××××(電話番号)

携帯品チェックリスト



パスポート
シャツ・ブラウス
外貨・日本円 ズボン・スカート
クレジットカード ジャンパー(北部・冬のみ。)
トラベラーズチェック 帽子
海外旅行傷害保険証 下着・靴下
旅のしおり・ガイドブック 雨具






ティッシュペーパー


歯ブラシ・歯磨き粉
ハンカチ くし・ブラシ
虫除けスプレー 石鹸・シャンプー
常備薬 爪切り・耳かき
スリッパ・サンダル 化粧品
ビニール袋 生理用品
洗剤・干しひも
懐中電灯
カメラ(カメラの電池)
フィルム



キャンディ
ボールペン・電卓 水筒
メモ帳
裁縫セット
蚊取り線香
ウエット・ティッシュ
南京錠

各都市の気候
都市 最高気温 最低気温 平均降水量
デリー1月
2月
3月
8月
9月
11月
21℃
22℃
25℃
34℃
34℃
34℃
7℃
8℃
11℃
26℃
25℃
17℃
30mm
28mm
25mm
173mm
170mm
0
アグラ1月
2月
3月
8月
9月
11月
22℃
26℃
32℃
33℃
33℃
29℃
7℃
10℃
16℃
26℃
25℃
12℃
16mm
9mm
11mm
263mm
151mm
2mm
アウランガバード1月
2月
3月
8月
9月
11月
29℃
32℃
36℃
29℃
30℃
30℃
12℃
14℃
19℃
22℃
21℃
15℃
2mm
2mm
3mm
182mm
156mm
13mm
ベナレス1月
2月
3月
8月
9月
11月
23℃
27℃
33℃
32℃
32℃
29℃
9℃
11℃
17℃
26℃
25℃
13℃
23mm
8mm
14mm
240mm
161mm
15mm
ムンバイ1月
2月
3月
8月
9月
11月
31℃
32℃
33℃
30℃
31℃
33℃
16℃
17℃
20℃
25℃
24℃
20℃
0
1mm
0
660mm
300mm
7mm
都市 最高気温 最低気温 平均降水量
バンガロール1月
2月
3月
8月
9月
11月
28℃
31℃
33℃
29℃
28℃
27℃
15℃
16℃
19℃
19℃
19℃
17℃
4mm
14mm
6mm
95mm
129mm
46mm
ダージリン1月
2月
3月
8月
9月
11月
9℃
11℃
15℃
20℃
20℃
15℃
3℃
4℃
8℃
15℃
15℃
7℃
22mm
27mm
52mm
573mm
419mm
14mm
コルカタ1月
2月
3月
8月
9月
11月
26℃
29℃
34℃
32℃
32℃
29℃
12℃
15℃
20℃
26℃
26℃
18℃
13mm
22mm
30mm
318mm
253mm
29mm
チェンナイ1月
2月
3月
8月
9月
11月
29℃
31℃
33℃
35℃
34℃
29℃
20℃
21℃
23℃
26℃
25℃
23℃
24mm
7mm
15mm
124mm
118mm
309mm
東京1月
2月
3月
8月
9月
11月
10℃
10℃
13℃
31℃
27℃
17℃
1℃
2℃
4℃
24℃
20℃
9℃
54mm
63mm
102mm
137mm
193mm
93mm

インドビザの申請方法
インドを訪れる際は、必ずビザが必要になります。
インドビザは2012年5月より、インターネットのオンライン申請になりました。
写真のサイズ・条件なども厳しくなっておりますので、ご注意下さい。
弊社ではお客様の現住所が ※在日東京インド大使館領事管轄区の方のみ代理申請をお受けいたします。

※申請は国籍やビザの種類により異なります。また、インド政府の都合により突然変更される場合がありますのでインドビザ申請センターのホームページにてご確認下さい。 http://indiavisajapan.com/Japanese/Default.aspx

観光ビザ申請 一般情報
○必要なもの 

1、パスポート (180日以上有効期限があり、2ページ以上の未使用ページが必要)
2、証明写真1枚 (50mmx50mm ※条件が厳しくなっております下記をご覧ください。)
3、オンラインビザ申請書 
4、インド渡航経験がある場合は、前回(直近)のインド渡航印のあるページと、ビザ面のコピーを提出して下さい。
5、 もし、申請時、直近のインドビザがまだ有効で、古いパスポートにある場合、申請時に必ずそのビザのある古いパスポートも一緒に提出して下さい。
6、 委任状 (ご自身で申請・受領しない場合。英文で作成。)
7、 E-TICKET・往復の日付の記載と、支払済みとわかるもの  (2015年6月より必要となりました。)

○東京にて、インド観光ビザ取得の流れ
1、 インターネットでオンライン入力 https://indianvisaonline.gov.in/visa/index.html
「Regular Visa Application」からスタート(英語入力のみ)
2、 印刷後、2箇所にパスポートと同じサインを記入。写真を貼る。
3、 パスポート・申請書・証明写真・E-TIKETなど必要書類を持って、インドビザ申請センターへ(地下鉄三田駅・JR田町駅より徒歩5〜8分)
4、 ビザの出来上がりをインターネットで確認 https://indianvisaonline.gov.in/visa/index.html
「Visa Status Enquiry」で確認できます。(英語入力のみ)
5、 受領は、主に郵送返却となっております。

☆弊社に手配依頼される場合 下記の流れをご参考にして下さい。

(1) 弊社でWEB申請しますので、弊社からの書類(補足書2枚と参加申込書1枚)をご記入ください。
(2) パスポートのコピーと参加申込書1枚、補足書3枚を合わせてFAXまたは、メールの添付で弊社にお送りください。
(3) お客様の書類をもとに。弊社でオンライン記入をします。オンライン記入が完了しましたら、申請書類をメールの添付でお客様にお送りいたします。
(4) 申請書は2枚ございますので、両面印刷し、お客様の実筆のサインをサイン記入欄(2箇所)にご記入ください。
(5) (1)実筆サインを記入いただいた申請書(両面印刷した原本)と、(2)パスポート原本(6ヶ月以上の残存期限・2ページの空欄査証ページ)と、(3)証明写真(5X5センチ)(※詳細は下記をご確認ください)と、(4)航空券をご自身でお手配された場合はE-TICKET、(5)委任状を弊社に書留または、宅急便でお送りください。
(6) 上記5点がそろいましたら、弊社でビザセンターに申請に行きます。
(7) ビザがおりましたら、弊社でパスポートをピックアップし、お客様に返送します。
(※パスポートをお預かりして、ご返却できるまで3〜4週間は余裕を見てください。その間ご返却できませんので、ご了承ください。)

※証明写真の注意!!
*顔のサイズは全体の70%、6ヶ月以内のもの。
(顔の大きさは2.5〜3.5cm、肩や胸も含む)
*背景は白のみ、青の背景や、スナップ写真や、
デジカメで撮って印刷したものは不可。

*写真の裏にサインをしないこと。

現住所が下記の在日東京インド大使館領事管轄区のお客様のみ弊社では代行申請を行っております。下記の都市以外にお住まいのお客様の代行申請は弊社ではできません。
 

北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、群馬、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、栃木、富山、石川、福井、長野、新潟、岐阜、静岡、愛知、沖縄



インドのアライバル・ビザが‘ETA’化されます
2014年12月中旬より、新たにオンラインで事前に申請する‘ETA(電子的入国許可証)’がスタートしました。
(それに伴い、到着したインドの国際空港で申請用紙を記入して取得する方法が2014年12月26日までとなり、以降廃止されます。)
日本を含む43か国の国籍を有する観光客が、インド9カ所の空港(バンガロール、チェンナイ、コーチ、デリー、ゴア、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイ、トリバンドラム)から入国する場合、事前に取得したETA(電子入国許可証)に基づいたアライバル・ビザが発給されます。
ETAの事前申請は https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html から行います。

● ETAのポイント
・観光ビザのみ対応、30日間インドに滞在できます。
・シングルエントリーの為、入国回数は1回のみになります。同じビザでの再入国はできません。
・一暦年の間に2回までしか取得できません。
・6か月以上の有効期間がある通常のパスポートと、復路又は次の国へ移動するチケットが必要です。

● ETAの手続きについて
・オンラインで申込みます。 https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html
・旅行開始予定日の4〜30日前に送信してください。
・申請時、最近撮影された正面向きの写真(背景白)と、パスポートの顔写真のページが必要です。
・ETA発行の際、1人あたり60米ドル( + 銀行手数料)クレジットカードで支払います。(いかなる場合も返金されません)
・オンラインで手数料決済後、4日以内のETAがEメールに届きます。(オンライン入力の際には、必ず正しいEメールアドレスをご入力下さい。)
・いったんETAが交付されると、そのETAが指定する期限内に到着しなければなりません。

● ETA申請手続きの際にアップロードするものについて
・顔写真と個人情報を掲載したパスポートのページをスキャンしたもの。
・デジタル写真(フォーマット:JPEG、サイズ:10KB〜1MB、縦横350PIXELS以上)
・写真は、顔全体が写った正面向きのもので、目を開いているもの
・背景は、無地の明るい色か白であること
・顔や背景に影がないこと

詳しくは、インド大使館、インド政府観光局へお問い合わせください。
インド政府によるETAアライバル・ビザに関するヘルプデスク(無休24時間対応)
電話:+91-11-24300666 (英語)
Eメール:indiatvoa@gov.in (英語)

 
インド旅行専門バイシャリトラベルズジャパン | お問い合わせ
Copyright © VAISHALI TRAVELS JAPAN CO., LTD. All rights reserved.